【WordPress】ConoHa WINGで管理画面だけBASIC認証を設定する方法

Wordpress
スポンサーリンク

ConoHa WINGは設定が簡単

本来、ウェブサイトにBASIC認証をかけるにはhtaccessファイルとhtpasswdファイルを設置して設定する必要があります。

凛

知ってたら簡単だけど…

エリナ
エリナ

初心者には難しいよね

ですが、ConoHa WINGにはコントロールパネルで簡単に設定できる機能が用意されています。

名前こそ「ディレクトリアクセス制限」となっていますが、やってることはただの BASIC 認証なので、ここで設定を行えば管理画面だけBASIC 認証を必要とするようにできます。

エリナ
エリナ

うちのサイトは管理画面だけ BASIC 認証を必須にしてるよ

設定の流れ

早速設定方法を見ていきましょう。

エリナ
エリナ

あらかじめコントロールパネルにログインしといてね

はじめにBASIC認証を行いたいドメインに切り替えておきます

次に[サイトセキュリティ]を選択します。

そして、[ディレクトリアクセス制限]を選択して[+ディレクトリ]をクリック

するとどのディレクトリに制限かけるのが表示されます。

管理画面のみBASIC 認証をかけたい場合は、wp-adminを入力します。

ドメイン直下に WordPress をインストールしていない場合

例えば、「example.com/wp/wp-admin」になったりするパターンですね。

この場合は「wp/wp-admin」をアクセス制限対象に設定します。

エリナ
エリナ

wp-adminフォルダまでのフォルダパスみたいな感じだね

結構重要ですのでしっかり確認して設定しましょう。

ディレクトリを指定したら[保存]をクリック。

エリナ
エリナ

まだ設定は終わってないよ

凛

肝心の ユーザー名 とパスワードがまだだからね

アクセス制限を追加したら、アクセス制限対象の一覧に追加されるので、それをクリックします。

クリックしたら[ユーザー名]・[パスワード]の右にペンマークがあるのでそれをクリックします。

すると[+]アイコンが表示されるので、それもクリックします。

すると ID とパスワードを入力する項目が出てくるので、それぞれ入力して[保存]をクリックします。

これでBASIC認証の導入が完了し、以降指定したディレクトリ以下のページにはBASIC 認証を行わないとアクセスできなくなります。

エリナ
エリナ

複雑な ユーザー名 とパスワードを設定するとブルートフォースアタックに効果的だよ

ConoHa WINGはこれだけでBASIC認証の導入が完了するので、WordPress セキュリティの知識が乏しい初心者にはかなり嬉しい機能です。

ほかにもプラグイン無しでWAF(脆弱性対策)やIPアドレス制限・ログイン制限などが行えるのでおすすめですよ。

コメントを残す

avatar
  コメントが来たら通知するようにする  
通知
タイトルとURLをコピーしました