D言語の勉強ができる入門書籍

プログラミング

C言語をベースに改良されたD言語で、使い慣れればとても便利なプログラミング言語のひとつです。

便利ではありますが知名度は限りなく低く日本語の情報も少ないです。

エリナ
エリナ

日本語の情報の少なさはマイナー言語あるあるだよね

ですが、わずかながらD言語の勉強に役立つ本があったので紹介します。

スポンサーリンク

D言語の入門書はとても少ない

まず大前提として D 言語の入門者はとても少ないです。

エリナ
エリナ

シェアが圧倒的に少ないからね。仕方ないね

参考程度にTIOBEで毎月公表されている2019年8月のプログラミング言語ランキングでは21位(0.807%)でした。

ここまでシェアが少なければ書籍が少ないのも仕方がないですね。

D言語を日本語で学べる唯一の書籍

日本語で書かれた唯一のD 言語書籍です。
大型本なのでそれなりにかさばりますが、450ページ超の大ボリュームで、これ一冊あれば D 言語の基礎は身に付くでしょう。

エリナ
エリナ

基礎だけじゃなくて応用についても書かれているよ

D言語書籍としての評価が高く、読み応えがある参考書として好評です。

この書籍一つで C 言語での関数の使い方やインターフェース・クラス・値・参照などの基礎的な構文を全て見つけることが可能です。

また、D言語特有のネストクラスや多重サブタイプ化など、インターネットで調べて出てくる日本語の情報だけでは見つけるのは難しい内容も網羅されています。

D言語の参考にと思って購入したのですが、プログラミングの背景となるさまざまな考え方が随所に含まれていて、勉強になりました。D言語の仕様は、さまざまな選択肢の1つに過ぎないことがよくわかります。

あと、p.116のUTF-8 の構造の説明ですが、これほど簡潔かつわかりやすい説明は他に見たことがありません。これだけでも価値があります。

出典:Amazon

ただKindle版に関しては解像度が低く少し読みづらいというデメリットがあるので、普通の本タイプを購入するのがおすすめです。

GCCに追加されたので多少シェアが変動する可能性はあり

2019年5月にGCCが正式にD言語をサポートしました。

GCCは世界中で使われているメジャーなコンパイラの一つで、GCCがサポートすることでD言語のコンパイルが用意になります。

これまではD言語用のコンパイラを公式サイトから導入する必要があったので少し面倒でした。

ですが、GCCがサポートすることによって気軽にコンパイルできる環境を手に入れられるので、僅かながら時間をかけてシェアが増加する可能性があります。

エリナ
エリナ

D言語そのものの需要が増えていくことも重要だよ

そのため、少しマイナーなプログラミング言語を学んでみたい、C言語・C++・JavaといったD言語と書き方が似ている言語を使っている方は手を出してみてもいいでしょう。

コメントを残す

avatar
  コメントが来たら通知するようにする  
通知
タイトルとURLをコピーしました