Gutenberg(グーテンブルグ)が使いづらい方に相性バツグン「Classic Editor」

Wordpress
凛

Gutenbergはショートカットキーが不便で超使いづらい…

まさに私がGutenbergを頑なに使いたがらない一番の理由です。

ショートカットが使いやすければGutenbergでもいいのですが、いかんせんマウス操作が多くて無駄が多いんですよね。

エリナ
エリナ

そういう方におススメなのが「Classic Editor」プラグイン!

Classic Editor
Classic Editor
Price: Free

このプラグインを導入するだけで、バージョン5未満まで使われていたいつものエディタを使い続けることができます。

エリナ
エリナ

うちはもちろん旧エディタ!

スポンサーリンク

Classic Editorの導入方法

導入自体は簡単でプラグインの新規追加画面からインストール・有効化することができます。

エリナ
エリナ

人気プラグインなので検索しなくても出てくるよ

このプラグインを有効化すると自動的に旧エディタに変更されるため特別な設定は必要ありません。

エリナ
エリナ

有効化したら投稿編集画面ページを開いてみてね

その他ユーザーごとにGutenbergの切り替えを認めるかどうかなどの細かな設定も変更できるので、何かと便利だったりします。

実はTinyMCE AdvancedでもGutenbergを無効化できる

あまり知られていませんが、TinyMCE Advancedプラグインでも旧エディタを有効化することが出来ます。

エリナ
エリナ

私はこっちの方法で旧エディタを使用しているね

TinyMCE AdvancedはGutenbergと旧エディタ(クラシックエディタ)を個別に設定をいじることができますが、クラシックエディタの方の設定をいじることで旧エディタを有効化することができます。

クラシックで他の方の設定で下にスクロールしていくと、高度なオプションの中に[Replace the Block Editor with the Classic Editor]という項目が見つかります。

ここにチェックを入れて保存するとGutenbergが旧エディタ(クラシックエディタ)に置き換えられて、今まで使っていたエディタがWordpress5.0以降でも使えるようになります。

コメントを残す

avatar
  コメントが来たら通知するようにする  
通知
タイトルとURLをコピーしました