クラウドワークスの評判をプロクラウドワーカーの私が話します

ビジネス
凛

あんまり噂は良くないらしい

エリナ
エリナ

まじで?

というわけで、確かに思い当たる節があるので評判が下がってしまっている理由を分析してまとめてみました。

エリナ
エリナ

ちなみに私はプロクラウドワーカーになるくらいにはクラウドワークスを使っているので参考になるはずです。

スポンサーリンク

クラウドワークスの仕組み

評判を見て行く前に、クラウドワークスの仕組みについて簡単におさらいしていきましょう。

クラウドワークスの受注形式は3種類

  • 契約なしで誰でも簡単に仕事ができるタスク形式
  • 契約なしで誰でも提案をすることができるコンペ形式
  • 契約してクライアントとやり取りしながら成果物を納品するプロジェクト形式

この3種類、お仕事の形式があります。小遣い稼ぎ感覚で気軽に稼ぎたい方にはタスク形式が向いていて、がっつり稼ぎたい・本業でやりたいという場合はプロジェクト形式の案件を契約することが一般的です。

クラウドワークスの評判が悪く見える理由

一概に評判が低いといってもクラウドワークスが悪いのか、たまたま室の悪いクライアントに遭遇してしまったのかわかりませんが、ここではライター部門のプロクラウドワーカーとしてライター目線で分析していきます。

不満に思う理由

一番の理由が思うように稼げないということではないでしょうか?
私はライティング環境効率化した上で納品用の記事を仕上げるのも慣れているので、2000~5000文字/時で記事を書くことができますが、初心者はそうもいかないと思います。

頑張って書いてるけど1時間で1000文字しか書けなかったりすると、ほぼすべての案件で一般的な最低時給を大きく下回ります。

エリナ
エリナ

多分時給換算で200~400円くらいが多いんじゃないかな?

もっと上手く稼ぐために高単価案件を受けたい!と思うかも知れませんが、高単価には高単価なりの理由があるので、受ける際には注意が必要です。

エリナ
エリナ

何も考えず高単価案件を受けた結果、修正依頼が何度も来てしまい、時給換算すると結果的に単価が安い案件と大差ないということも珍しくないよ

そもそも受ける案件を間違っている

多分初心者でこれも多いと思います。とにかく仕事が欲しい一心で記事単価といった報酬を全く見ずに受けて後で後悔するパターンです。

クラウドワークスでは「報酬を得ながらライティング技術を身につける!」みたいに甘い言葉で勧誘している案件が多数ありますが、こういうのは全部地雷です。

エリナ
エリナ

私は見つけ次第即ブロックしてます。検索の邪魔ですし、クライアントがケチで質が悪いことは目に見えているので

1記事1000文字100円なら可愛い方で、2000文字100円とかもあるので絶対に受けてはいけません。
案件名は一応伏せますが、こういう要項で応募かけてるやつです。

 

今回見つけたこの案件は1記事2000文字以上を条件としているので、1000円を受け取るために40000文字も書く必要があります。

凛

さて何時間かかるのでしょうか?

エリナ
エリナ

私でも最速で8時間(1時間5000文字ペース)はかかりますね…

私が最速でできた場合で8時間ですが、これを時給換算に直すと1時間125円です。

記事執筆に慣れていない初心者だと絶対に100円にもなりません。

エリナ
エリナ

こういう案件は結構悪質で、途中リタイアすることを前提に発注してると思うよ

凛

途中リタイヤされるとただで記事が手に入るようなものだからね

「固定報酬制 0.1円以下」という条件と一緒に「ライティング技術を身につけたい」「将来に役立てたい方…」「初心者優遇」とか冷静に考えたら仕事の募集としては明らかにおかしいタイトルのものは全部地雷と思って大丈夫です。

 

あとはしっかり依頼内容を読んで応募するようにしてください。そうすることで今持つ不満を解消できるかもしれません

エリナ
エリナ

必ず報酬には目を通すこと。絶対だよ!

サグーワークスに挑戦するのも一つの手

こちらはクラウドワークスとは違って手数料0%のライティングサービスです。

エリナ
エリナ

手数料がタダなのに結構単価もいいよ

サグーワークスは最低でも文字単価0.3円、高いものだと文字単価0.7円のものを契約無しで請けることができます。

 

ちなみにシステム手数料0%なので、クラウドワークス基準だと、最低でも文字単価0.36円で高いものだと0.8円超えで普通に良い案件が転がってますよ。

エリナ
エリナ

プラチナライターになると文字単価1円超えが普通になるから挑戦してみる価値は十分にあるよ

すぐに登録して仕事を受けられるので、クラウドワークスに疲れたっていう方は息抜きに試してみてくださいね。

クラウドソーシングで生計を立てるのは簡単ではない

私がフリーライターとして食べていけてるので、ライター・デザイナー・イラストレーター・エンジニアの中ならどれがおすすめ?と聞かれると、「ライターがおすすめ」と即答します。

ですが、簡単?と聞かれると「慣れるまですごい大変で不安もとてつもなく大きい」と答えます。

そのような現実を知った上でもクラウドソーシングで稼ぎたいのであればこちらの書籍で知識をつけることをおすすめします。

無責任なことはできないのでライターのための書籍しか紹介できませんが、ライター志望の方であれば役立つと思います

ライター技術そのものを磨きたいならこちらもおすすめですね。かなり役立ちます。

行き当たりばったりでライターを目指すのはよっぽどセンスのある人でない限り非効率ですので、少しでも早くライターとして稼ぎたい場合はこれらの書籍を読んでみてくださいね。

コメントを残す

avatar
  コメントが来たら通知するようにする  
通知
タイトルとURLをコピーしました