WordPressプラグインの検索は英語で行うほうが目当てのものを見つけやすい

Wordpress

困ったことがあってもプラグインを使えばすぐに解決できるのがWordpressのいいところですよね!

ですが、プラグインの新規追加ダメですかと思うのでできなかったりしていませんか?

凛

全然よく分からないのでてくるんだけど…

これにはちゃんと理由がありまして今回はそのことについて紹介します。

スポンサーリンク

公開されているプラグインのほとんどは海外産

WordPress で利用できるプラグインのほとんどは外国の方が開発しています。

エリナ
エリナ

世界人口と日本の人口を比べると一目瞭然だしね

そのためプラグインの名称はほとんどが世界共通語でもある英語ということになっています。

プラグイン名称が英語でも日本語に対応していることがありますが、検索するときは英語で入力する必要があります。

国産プラグインでもプラグイン名は英語であることがほとんど

もちろん国産プラグインもたくさん存在します。

有名なもので言うとお問い合わせフォームが簡単に作れる「Contact Form7」ですね。
実はこれ国産なんです。

国産プラグインであるにもかかわらずプラグイン名は英語ですよね。

そのため、プラグイン検索ページで試しに「問い合わせ」と検索しても見たことのないプラグインばかりがヒットします。

そのため管理画面のプラグイン追加ページで目的のプラグインを探す時は英語を使うようにしましょう。

英語がわからない場合はGoogle翻訳を活用する

英語を使えば解決とありますが英語が全然わからない人いますよね。

エリナ
エリナ

私もなんとなく単語が分かる程度だね

そういう場合は Google 翻訳を使っちゃいましょう

例えばお問い合わせフォームが作れるプラグインを探したい場合、Google翻訳に「問い合わせフォーム」と入力します。

翻訳して出てきたワードをそのまま検索にかけると失敗しやすいので、複数単語でてきた場合はどちらか片方を入力します。

この場合なら「Inquiry」「form」のどちらかですね。
このどちらかのキーワードをプラグインの検索にかけます。

この画像では「form」を検索したときのものですが、こんな感じに目的のプラグインを探しに行くことができるので、おすすめです。

わざわざプラグイン検索のための英語を覚える必要もないので、使えるプラグインがないか探している方はこういった方法で探してみるといいでしょう。

コメントを残す

avatar
  コメントが来たら通知するようにする  
通知
タイトルとURLをコピーしました