WordPressのカスタマイズミス!画面が真っ白になった際はリカバリーモードを使う

Wordpress

functions.phpなどを触ってWordPressをカスタマイズしていると、コードの記述を間違えて画面が真っ白になってしまうことがあります。

エリナ
エリナ

最悪の場合は管理なのにも入れなくなるね

日本では「死の真っ白画面」、海外では「White Screen of Death」と呼ばれていますが、Wordpress5.2で追加されたリカバリーモードを活用することで簡単に復旧できるようになりました。

スポンサーリンク

リカバリーモードとは?

WordPress で画面が真っ白になると管理画面にも入れなくなるので、必然的にFTP接続などで原因を特定して修正する必要が出てきます。

しかし、リカバリーモードを使うと、FTP接続せずとも 管理画面にアクセス出来るようになります。

エリナ
エリナ

あくまでアクセスできるのは管理画面だけだよ

公開されているトップページや記事ページは問題が解決するまで真っ白ですので、リカバリーモードを使えばエラーを無視できるわけではないので注意しましょう。

リカバリーモードのやり方

WordPressの画面が真っ白になっている状態で、管理画面にアクセスします。

うちのサイトの場合はドメイン直下に WordPress を置いているので

https://erina-wing.com/wp-admin

にアクセスすることになります。

管理画面にアクセスすると、このようにエラー文と「サイトで技術的な問題が発生しています。サイト管理者のメールを確認して指示に従ってください。」という文章が表示されます。

このメッセージが表示されるとWordPress の管理ユーザー宛にメールが届きます。

届いたメールにリカバリーアクセス用の URL が表示されているので、それをクリックします。

すると何事もなかったかのようにログインページが表示されるはずですので、管理者権限を持つユーザーでログインしてください。

ログインするといくつか見慣れない表示がありますが、この状態であれば自由にテーマエディタを開けますし、テーマやプラグインの切り替えも自由に行うことが出来ます。

エリナ
エリナ

ただしトップページは真っ白のままだよ

今回は例として使用中のテーマで無理やりエラーを起こしてリカバリーモードを起動させました。

ですのでリカバリーモード中の管理画面にも使用中のテーマに問題があることが書かれていますね。

このように画面が真っ白になった原因が管理画面に表示されるようになっているので、原因の特定がしやすくなっています。

あとはテーマエディタやプラグインエディタを使って問題の箇所を修正したり、テーマの切り替え・プラグインの停止などで画面が真っ直ぐなる原因を取り除くことができます。

修正が終わったら管理画面右上の[リカバリーモードを終了]をクリックして通常の状態に戻します。

通常の状態に戻してもまだ画面が真っ白の場合はもう一度リカバリーモードを起動して修正を行いましょう。

最新のWordPress ならFTPソフト不要で回復可能

昔はパソコンにFTPクライアントを導入して、サーバーに FTP 接続、そしてエラーの原因となるファイルを特定して問題の箇所を修正、再アップロードしてエラーが直ったか確認するという、かなり面倒な作業が必要でした。

ですが、Wordpress5.2以上はFTPクライアントなしでリカバリーモードを利用して修復することができるのでとても便利です。

最新の WordPress の Gutenberg が使い難いから嫌だと言う方も多いかも知れませんが、Classic Editorプラグインを導入すれば解決するので、その事を考えると最新の WordPress を使用した方が賢明です。

コメントを残す

avatar
  コメントが来たら通知するようにする  
通知
タイトルとURLをコピーしました