【WordPress】Parse error: syntax errorが起きる原因

Wordpress

テーマやプラグインを編集していると、何らかのミスで「Parse error: syntax error…」と表示されて画面が真っ白になってしまうことがあります。

エリナ
エリナ

管理画面にも入ることができないから焦るよね

今回はこのエラーが起きる原因とエラーの特定方法などを紹介します。

ちなみに画面が真っ白になった状態でも「リカバリーモード」を活用すればダッシュボードにアクセスできるので、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

プログラムの記述ミスがほとんど

Parse errorが起きてしまう原因のほとんどはPHPファイルに記述するプログラムを書き間違えていることです。

  • セミコロンが足りていない
  • 括弧の数がおかしい
  • シングルクォーテーションダブルクォーテーションの使い方が間違っている
  • 使う記号を間違えている

などの、文法エラーがあると「Parse error: syntax error, unexpected」が発生します。

エリナ
エリナ

サイトで紹介されているプログラムをコピーペーストしても起きることがあるよ

プログラムが古かったり、コピー範囲ミス、不必要なものまで貼り付けているなどもあるので、他のサイトからコピーペーストしたから問題ないとは限りません。

エラー文で問題の場所を特定する方法

どのファイルの何行目でエラーが起きているかどうか、エラー文一つで判断できます。

  1. テーマなら「themes」、プラグインなら「plugin」
  2. テーマやプラグインの名称
  3. エラーが起きているファイル名
  4. エラーが起きている行の番号

これでどのファイルの何行目あたりでエラーが起きているのか特定することができます。
ただし、行番号は少しズレていることもあるので、ある程度慣れが必要です。

PHPに関して詳しくなりたい、自力で解決できるようになりたい場合はエラー文を読んで解決できるよう頑張ってみましょう。

エリナ
エリナ

最初は難しいと思うけど慣れると簡単だよ

別サイトのプログラムをコピーする際は必ずバックアップを取るように

別のサイトに載っているプログラムをコピーして自分のサイトで使う場合は、必ず編集するファイルのバックアップを取ってから行うようにしてください。

エラーをすぐ修正できる方法を持っているのであればしなくても大丈夫ですが、いざエラーが起きた時にどう直せばいいのか分からない場合は、バックアップを取っていると、そのバックアップでエラーが起きているファイルを上書きするだけでもとに戻せます。

ですので、functions.phpなど何かしらのファイルを触るときはできるだけバックアップを取ってから行うようにしましょう。

PHPのバージョンを上げても起こることがある

PHPのバージョンを上げると、古い文法が一部使えなくなることがあります。

古い文法を用いているテーマやプラグインを有効化したままPHPのバージョンを上げると、文法エラーが起きて「Parse error: syntax error, unexpected」を見る可能性があります。

エリナ
エリナ

もしエラーが起きたら一度PHPのバージョンを戻してテーマやプラグインを最新にしてからもう1度バージョンアップを試してみてね

コメントを残す

avatar
  コメントが来たら通知するようにする  
通知
タイトルとURLをコピーしました